【レッスン報告】紙の工作やぬり絵を楽しむことのクラフトセラピー的効果。

こんにちは。
細長い紙を使って幸せな時間をつくる専門家:kikoこと西中です。

 

昨日は初めての生徒さんとお楽しみの時間。

普段は家事に育児に一生懸命なお2人様。
「こんな風に色鉛筆とかペンとか触るのも久しぶり~♪」と
とっても喜んでくれました。

これもクラフトが持つ癒し効果の1つ。

人はついつい口を開くと愚痴が漏れてしまう・・・ってなりがち。
だから、ママ友とのランチ会やお茶会が苦しいよ~って感じている人も多いですね。

何かのきっかけがあると
共通の話題ができるし、色を選んだり形をつくったりすることで
自然に笑いとワクワクがこみ上げてきます✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい作業にあるので
ちょっと目が疲れちゃう心配もありますが
そこは「お年頃メガネ」でカバー♡

 

 

そうそう、この「お年頃メガネ」のネーミング
「その言い方、すごくいい~♡私もそれ使わせてもらいます~♪」
なんてみんなで盛り上がりました( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が最初にレッスン開講したのは・・・小さな布小物でした。

やっぱりあの時も
うわさ話や愚痴大会の集まりはしたくないな・・・

もっと楽しい時間を過ごしたいし、子どものことや
家族、学校のこと以外の話題だったら
自然にワクワクした楽しい発言ばかりになると思う!

お互いに褒め合って、すごい気持ちのいい時間になると思う!

そんな気持ちで始めたんだったなぁ・・・

 

ワークショップを開催すると
久しぶりに集中できて、なんだかスッキリ!!楽しかった~♡の声をいただくことができます。

 

 

いろいろ話をする中で
初めてママである私にも『未来への可能性がある』ってことに
気付くこともあります。

 

充分に幸せで満たされている「今」だけど・・・
一歩踏み出してみると、見えてくる世界が変わる!

うんうん。

そういうきっかけづくりとしても
私の活動には意味があるんだと感じます✨

 

次回のご予約もいただきました( *´艸`)!

Eさん、Yさん。
ありがとうございます♡
また楽しい時間を過ごしましょうね~!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL